装着するその前に

カラーコンタクト(カラコン)を付けてみたい!学校や会社では透明のコンタクトレンズだけど、遊びやデートでは普段とは印象の違う自分を見せたいと思う女の子が多いと思います。
しかし、カラコンについて何にも知らずに購入するのはあまり良くないです。目に付けるものなので一体どんな作りになっているのかを知っておきましょう!

まずカラコンはすべてソフトレンズです。人によってはソフトレンズが目に入らない人もいます。ドライアイやアレルギー体質の人は一度医師と相談の上装着できるかを相談しておきましょう。
また、カラコンは度ありと度なしのタイプがあります。もともと目が良くておしゃれで付けるならば度なしで良いと思います。度ありは各カラコンの種類によって販売度数が異なってくるので注意しときましょう。
カラコンで結構重要なのがBC(ベースカーブ)です。レンズの内側のカーブを8.3や9.0と数値で表しており、眼球とカラコンのBCが合っていなければ黒目部分からズレてしまい違和感ある目になってしまいます。
また、ズレによって痛みの原因になってしまいます。自分のBCがわからない人は眼科で診てもらうことでわかりますよ!
そして、DIAという数値もよく見かけると思います。これはカラコンレンズの大きさを表す数値で、黒目部分だけではなく、レンズ全体の大きさで14.5㎜のように表示されています。

カラコンにはカラータイプとサークルレンズがあると紹介しましたが、メイクでバッチリ盛りたいという人はカラータイプ、目全体を大きくしたいと思うのならばサークルレンズがおススメです。
そして、普段からコンタクトを装着している人なら当たり前ですが、コンタクトレンズをはじめ、カラコンを付けたまま寝ることは絶対にしないでください。
目に酸素がいかなくなって眼病のトラブルになります。また、洗浄する時は水道水で行うと雑菌の繁殖になりますので必ず保存液を使用してください!